CS CENTER 1688-1026 A/S CENTER 1688-3726

R&D

LED Therapy History

160年続いたLight Therapyの過去と現在を知り、セルリターンは今、未来に備えています。

1860, Niels Ryberg Finsen
1860,
Niels Ryberg Finsen
1860
1860,
Niels Ryberg Finsen

Light Therapyの始まり

デンマークの医学者で、太陽光を真似た人工ランプを開発、光線の生物学的治療効果に関する研究を行い、ループス(皮膚結核)の治療に大きな貢献をしました。この研究がLight Therapyの始まりでした。

1903, Endre Mester
1903,
Endre Mester
1903
1903,
Endre Mester

低出力光線療法の発見

ハンガリーの医者で、赤い光の低出力レーザーについて実験を行っていたとき、傷の治癒や線維筋痛症などに対する低出力レーザーの効果を発見しました。その後、皮膚潰瘍患者の治療や100件以上の論文発表により、低出力光線療法の始まり、かつ光生体調節適用の父と呼ばれました。

1928, Nick Holonyak
1928,
Nick Holonyak
1928
1928,
Nick Holonyak

Red LEDの発明

アメリカの科学者で、赤色可視光線LEDを最初に発明した後、可視光半導体レーザーと発光ダイオードに関する研究を続け、4元素化合物半導体を開発しました。今日、この技術は医療診断装置や手術、眼科など様々な応用分野で活用されています。

1971, AT&T Bell 연구소
1971,
AT&T Bell Labs
1971
1971,
AT&T Bell研究所

Green LEDの実現

赤色LEDが発明された後、Loganなどによって窒素が添加されたGap p-n接合から緑色LEDが出来上がりました。これによって自然の中から得られる大部分の色を光で作れる技術を確保しました。

1990년대, Shuji Nakamura·Isarmu Akasaki Hiroshi Amano
1990s,
Shuji Nakamura·Isarmu Akasaki
Hiroshi Amano
1990~
1990s,
Shuji Nakamura·Isarmu Akasaki Hiroshi Amano

Blue LEDの開発

日本の教授で、青色LEDの初開発以後の発明である青色半導体レーザーの基礎を作りました。青色LEDの開発を続け、2014年にノーベル物理学賞を受賞しました。

2000s, NASA
2000s,
NASA
2000~
2000s,
米航空宇宙局(NASA)

米航空宇宙局(NASA)から医療分野まで、様々な効果をベースに拡張したLEDの活用性

宇宙船内で人工光源を使って作物を栽培する方法を研究していたとき、赤色LED波長が植物の成長と光合成を活性化する細胞のエネルギー代謝を促進するということと、特定波長のLEDを当てると細胞の成長が2倍増加して傷の治癒が加速化するということを発見しました。これをきっかけに、皮膚細胞の再生を助ける医療技術としてLEDが研究され、様々な医療分野で活用される始まりとなりました。

NOW, CELLRETURN offers an innovative paradigm for LED devices
NOW,
LEDデバイスの革新的なプラダイムを
提供したセルリターン
NOW
NOW,

LEDデバイスの革新的なプラダイムを提供したセルリターン

多方面にわたる効果を持つLED。これを活用したデバイス製品が発売され、LEDは自然と人々の生活の中に浸透しました。ビューティを超え医療分野まで、限界のないLEDの可能性と効果にこれからの未来が期待されます。セルリターンは今後、LEDを通じて人類の真の美しさと健康な生活を願い、グローバルNo.1 ビューティ&ヘルスケアと医療機器のリーダー企業として前進してまいります。

1860
1903
1928
1971
1990
2000
NOW